「汁かけ飯」文化のカテゴリー内で発展!! 「牛肉・(ビーフシチュー)」 【BistroGinsai秋葉原店】

今回は「牛肉・(ビーフシチュー)」についてBistroGinsai秋葉原よりご紹介致します。

「シチュー」(英: stew [stjuː])は、野菜や肉、魚介類を出汁やソースで煮込んだ煮込み料理の英語による総称である。フランス料理では調理方法や鍋の種類で呼称が分かれ、料理の名称ではラグー(フランス語: ragoût)などが対応する語として挙げられる。
英語では煮込むことを stewing と呼ぶ。
「シチュー」(ラグー)の料理としての確立は、16世紀後半から17世紀前半のフランスにおいてとされる。
日本への「シチュー」の伝来がいつかについて明確な記述はないが、すでに1871年(明治4年)、東京の洋食店「南海亭」のちらしに、「シチウ(牛・鶏うまに)」との品書きが見出されている。1872年の仮名垣魯文『西洋料理通』においても、牛肉や豚肉、トマトなどを用いた「シチュー」が紹介されている。明治中頃までに「ビーフシチュー」はレストランのメニューに普及、1904年(明治37年)には旧帝国海軍軍艦の昼・夕食として、「煮込み」の名で「シチュー」やカレーが供されている。これはイギリス海軍との交流に端を発するとされている。明治末期には「シチュー」のレシピが上流階級向けの婦人雑誌に掲載されるようになった。しかし、本格的に「シチュー」が全国に浸透したのは、第二次世界大戦終結以後のことである。

赤ワインやトマトをベースに牛肉、ジャガイモ、ニンジン、セロリ、タマネギなどを、香味野菜を加えて煮込む。イギリス発祥。
日本では、明治初期から洋食レストランのメニューに取り入れられ、小麦粉とバターを炒めて作るブラウンルーを用いることが定番となっている。従って、ブラウンルーの対となるホワイトルーを用いて作るビーフシチューは、極めて稀な存在であるといえる。

秋葉原でのパーティー、貸切、女子会、ランチ、ディナー等。様々なシーンでご利用ください。
(gotoeto)参加予定しております。
東京メトロ銀座線末広町駅2番出口徒歩3秒

当店のご予約はこちらからご利用頂けます。

一BistroGinsai秋葉原店の予約はコチラ一
050-5269-9013
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。