【魚の王】と呼ばれ日本を代表する魚「鯛」 【BistroGinsai秋葉原店】

【BistroGinsai秋葉原店】

今回は「鯛」についてBistrGinsai秋葉原よりご紹介致します。

日本を代表する魚である鯛は日本人か最も古くから食用とした魚の1つです。約5千年前 の縄文時代の遣跡からも骨か出土します。日本最古の歴史書である奈良時代の「古事記」に も登場します。「鯛」という漢字もすでに風土記、日本書紀、万葉集で見られます。武士階級が台頭する鎌倉時代あたりから、鯛はその見栄えのする姿形がますます好まれ、室町時代 になると上等な食材として重用されるようになりました。江戸時代に鯛は「魚の王」としての地位を確立し、今日に至っています。
養殖もあるため1年中手に入りますが、鯛の本来の旬は3~5月です。日本近海に鯛と名のつく魚は200種類以上います。
鯛には、たんぱく質、ビタミンB1、B2、タウリン、ナイアシン、カリウムなどの栄養素が含まれています。このうちタウリンには、疲労回復のほか、コレステロール値を下げたり、肝臓の病気を予防したりする効果、水溶性ビタミンの一種であるナイアシンには、血行を改善して冷え性を予防する働きがあります。
白身魚でありながら血液をサラサラにする成分としてお馴染みのDHAやEPAが豊富であるもの鯛の特徴です。アレルギーなどで青魚が食べられない人はこれらの栄養分を鯛で取るのも手です。 魚の王様といわれるだけあって、焼く・蒸す・揚げる・煮る・生食と、どんな調理法でも美味しくいただける鯛。目が澄んでいて目の上あたりのうろこが青く光っているのが新鮮の証です。
ところで皆さんは「鯛の鯛」ってご存知ですか?その正体は胸びれ付近にある骨。鯛の姿に形が似ているためこう呼ばれます。鯛を丸一匹で食べるような機会があった時には是非探してみてくださいね。

Ginsai秋葉原では「3種のカルパッチョ」を提供させて頂いております。

秋葉原でのパーティー、貸切、女子会、ランチ、ディナー等。様々なシーンでご利用ください。

東京メトロ銀座線末広町駅2番出口徒歩3秒

当店のご予約はこちらからご利用頂けます。

一BistroGinsai秋葉原店の予約はコチラ一
050-5269-9013
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。