みなさんもご存知「森のバター」「森のフルーツ」と呼ばれる! 「アボカド」 【BistroGinsai秋葉原店】×(goto eat)

今回は「アボカド」についてBistroGinsai秋葉原よりご紹介致します。

中央アメリカが原産である。低温に弱く、主に熱帯、亜熱帯で生育する。野生のものは樹高が30メートルほどになる。
葉の寿命は短く1年ほどで、新梢伸長期には大量落葉する。5月頃に花が咲き、果実の収穫は翌11月から12月頃以降。
栽培については、中南米で果樹として数百年以上に亘って栽培され続けており、遅くとも13世紀から15世紀頃までには栽培が行われたとされている。少なくともヨーロッパからの侵略者がやってきた時点では、既にアメリカ大陸(南北両方)の熱帯地方のあちらこちらで栽培が行われていた。
果実の成熟に10か月から15か月要し、また、実にたくさんの栄養分が必要であり、「アボカド」の枝は隔年で実を付けるようになる。多くの品種があるが、木全体で隔年結実する種と、枝ごとに隔年結実する種がある。枝ごとに隔年結実する種では、木全体としては毎年実をつける。
「アボカド」の種子は果実としては比較的大きいが、これはアメリカ大陸で既に絶滅した巨大動物に合わせて共進化したものだと考えられている。
脂肪分が豊富であるゆえに「森のバター」「バターフルーツ」と呼ばれることがあり、全ての果物の中で最大のカロリーを持つ。糖分はほとんど含まず、10種類のビタミンと11種類のミネラルと食物繊維を豊富に含んでおり、この豊富な栄養素は「アボカド」の脂肪分に凝縮されている。ビタミンEの含有量も高く、「アボカド1個半程度で成人男性に必要なビタミンE(10ミリグラム)を摂取できる」。ビタミンB群とビタミンKも豊富であり、微量ながらタンパク質も含む。
カリウムの含有量はバナナよりも上である。

BistroGinsai秋葉原で「goto eat秋葉原」に参加させておりますので是非ご利用下さい。l

秋葉原でのパーティー、貸切、女子会、ランチ、ディナー等。様々なシーンでご利用ください。

東京メトロ銀座線末広町駅2番出口徒歩3秒

当店のご予約はこちらからご利用頂けます。

一BistroGinsai秋葉原店の予約はコチラ一
050-5269-9013
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。