イタリア食文化

“ローマ人は食べるために吐き、吐くために食べる”
「イタリア食文化」

【BistroGinsai秋葉原店】

今回は「イタリア食文化」についてBistroGinsai秋葉原よりご紹介致します。

「イタリア料理」の歴史は非常に古く、古代ローマ時代にさかのぼります。当時のローマ人は食事の時間を大切にし、1日3食を取りいれるなど、食事にかける時間を大切にしていました。
また、その内の1食を、現代にあたるプリモ、セコンドに似たコースで構成することで、2時間から3時間をかけてじっくり堪能していたのです。さらに古代ローマ人は、満腹になった場合であっても、食べたものを意図的に吐き出して空腹状態をつくりまた食べるといったことを行っていました。
当時の主食は、「プルス」と呼ばれる小麦粉を煮込んで作られたお粥です。料理に使う調味料は、魚を発酵、熟成させて作った魚醤に酷似した(ガルム、サーパと)呼ばれる甘味料や(ハチミツ)などが用いられていました。そして裕福なローマ人たちの間で、優秀な料理人を呼び寄せ、作らせた料理を客に自慢するといったことが流行していたのです。
「イタリア料理」は2000年前にもかかわらず、非常に高度な食文化を持っていたのです。そして(チーズ)や(牡蠣)はローマ遠征の際、士の「スタミナ食」として携帯されていました。そのことが発端として、「ローマ帝国」の発展とともに欧州各地に普及し、他国の追従を許さないほどの「食文化」の発展に繋がったのです。一方、「イタリア料理」の発展の裏には、歴史の表舞台に出ない人々の努力もあります。そして料理に使われる食材も、他国からの影響を受けたからこそといっても過言ではありません。

BistroGinsai秋葉原では「ポルペッティのチーズ焼き」を提供させて頂いております。

秋葉原でのパーティー、貸切、女子会、ランチ、ディナー等。様々なシーンでご利用ください。

東京メトロ銀座線末広町駅2番出口徒歩3秒

当店のご予約はこちらからご利用頂けます。

一BistroGinsai秋葉原店の予約はコチラ一
050-5269-9013
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。