ハンバーガー大国のアメリカではポピュラーな食品ではなかった!!「ハンバーグ」 【BistroGinsai秋葉原店】

今回は「ハンバーグ」についてBistroGinsai秋葉原よりご紹介致します。

「ハンバーグ」の起源は、18世紀頃、ドイツの港町ハンブルクで船乗りや労働者に人気のあった「タルタルステーキ」だという説がある。「タルタルステーキ」とは、生肉を細かく切り、玉ねぎなどの薬味を入れ、こしょう等の香辛料で味付けして食べる料理だ。このタルタルステーキの「タルタル」は、東欧の人々がモンゴル民族のことをタタール人とよんだことから、「タタール人が食べていた生肉料理」のことを指しているといわれている。一説には、タタール人は遠征の際、連れて行った馬を食料にもしていたが、長距離を移動する馬の肉は大変硬く筋張っていたため、食べやすくする工夫が施され、このような料理になったということだ。13世紀にモンゴル帝国の勢力が欧州にまで及び、ドイツに伝わったこの肉の料理法は、やがて生肉ではなく挽き肉を焼いて食べる料理へと変化していく。「タルタルステーキ」を原型とした挽き肉を焼いた料理は、「フリカデッレ」(Frikadelle)や「ブレッテ」(Bulette)と呼ばれ、ドイツの代表的な家庭料理となった。現在日本で食べられるような「ハンバーグ」とは異なり、挽き肉でできた大きな肉だんごのようなものであり、玉ねぎなどの野菜を入れることもなく、パン粉や卵といったつなぎの存在は感じない。イタリアやフランスにも類似の料理はあるが、つなぎを入れないことが多い。
18~20世紀前半ごろ、多くのドイツ人がハンブルク港から出航してアメリカに移住した。その際、この挽き肉を焼いた料理もアメリカへと伝えられた。このとき、ハンブルクから伝わったということで、「ハンブルク風ステーキ(ハンバーグステーキ)」と呼ばれるようになったといわれている。

BistroGinsai秋葉原ではランチ限定メニューで「ハンバーグプレート」などを提供させて頂いております。

秋葉原でのパーティー、貸切、女子会、ランチ、ディナー等。様々なシーンでご利用ください。

東京メトロ銀座線末広町駅2番出口徒歩3秒

当店のご予約はこちらからご利用頂けます。

一BistroGinsai秋葉原店の予約はコチラ一
050-5269-9013
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。