世界的に有名な高級材!!「イベリコ豚」その2 【BistroGinsai秋葉原店】

今回も「イベリコ豚」についてBistroGinsai秋葉原よりご紹介致します。

「イベリコ豚」の最大の特徴がその飼育方法にあります。聞いたことがある方も多いかと思いますが、彼らは一般の豚と違い、放牧されて育ちます。スペインからポルトガルにかけて広がるデエサと呼ばれる広大な放牧場で、群れをなして生活しています。このデエサは通称(ドングリの森)と呼ばれています。セイヨウヒイラギガシやコルク樫がそびえ立ち、起伏のある丘が点在しています。放牧されることでストレスがなくなり、運動量が増えるため、肉の味が向上するとことがわかっています。近年では日本でもそういった飼育方法が取られる場合がありますが、スペインのデエサは約300万ヘクタール(東京ドーム63万個分以上!)の土地で放牧されるため、次元が違うのです。彼らは餌を求めて傾斜が連続した丘を歩き回ります。放牧によって彼らの運動量はかなりのものになり、したがって筋肉が増幅されることで理想的な肉質になります。
10月末になるとドングリが落ち始め、「イベリコ豚」たちは一気に体重を増加させます。この時期の放牧をモンタネーラと呼び、2月末~3月頃まで続きます。一般的には1kgの体重増加にドングリ9~10kgが必要となります。モンタネーラ期間中に100kgの体重増加をするものも珍しくありませんので、そうなると1頭につき900kg~1tものドングリが必要となるのです。「イベリコ豚」は基本的には粗食に耐えます。豚も人間と同じく胃袋が1つしかなく、生の草を消化する分解酵素を持っていません。ただ、盲腸が発達しており、ここで生の草を消化しますが。
そこで「イベリコ豚」はその尖った鼻で地面を掘り返し、草の根や球根、土の中の昆虫などを食べています。彼らは運動量が多く、エネルギーになる炭水化物を好みます。

BistroGinsai秋葉原では「贅沢お肉の盛り合わせ」を提供させて頂いております。

秋葉原でのパーティー、貸切、女子会、ランチ、ディナー等。様々なシーンでご利用ください。

東京メトロ銀座線末広町駅2番出口徒歩3秒

当店のご予約はこちらからご利用頂けます。

一BistroGinsai秋葉原店の予約はコチラ一
050-5269-9013
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。