世界的に有名な高級食材!!「イベリコ豚」 【BistroGinsai秋葉原店】

今回は「イベリコ豚」についてBistroGinsai秋葉原よりご紹介致します。

「イベリコ豚」(ハモンイベリコ)の歴史は約3000年以上前の古代ローマ帝国時代と言われています。
ピーク時には、スペインイベリア半島からフランス、ドイツ、さらにはイギリスやアフリカの一部まで領土を広げた。「イベリコ豚」は天然の食物を食べる、スペイン西部特有の生態系のひとつで、「イベリコ豚」の生産は牧草地(デエサ)の保護に必要であり、またその逆も言えます。
スペインの牧草地にとって「イベリコ豚」は環境保護上欠かせない存在です。
「イベリコ豚」について言及する時、普通の豚とは差別します、これは単一品種ではなく、ひとつの品種のグループである。この品種の中には様々な種類があり、これら全てにアフリカ原産の動物スウス・スクロファ・フェルスと胴体部分の共通点が見られます。この動物はスウス・メディテラネウスに由来し、のちに「イベリコ豚」となります。「イベリコ豚」は世界的に有名な高級食材と今日では考えられています。「イベリコ豚」の美食学上の素晴らしさを謳った最初のデーターはローマ時代に遡ります。
1950年に50万匹以上居た「イベリコ豚」の母豚が、1980年初めには5万匹まで激減した。現在では「イベリコ豚」の母豚の数は明らかに回復し、17万5千匹を超えるまでになりました。(2010年)この「イベリコ豚」絶滅の危機の原因のひとつには、消費者が脂身の少ない豚に興味を持ったこと。当時は「イベリコ豚」の脂身はコレステロールを増やすと信じられてきました。生産者が純粋種の「イベリコ豚」より、成長が早く生産性の高い多種の豚を好んで飼育したことにあります。
1990年以降スペインの農林水産省の介入により「イベリコ種」の減少に歯止めがかかり、純粋種が増えることとなりました。

BistroGinsai秋葉原では「イベリコ豚ロースト」を提供させて頂いております。

秋葉原でのパーティー、貸切、女子会、ランチ、ディナー等。様々なシーンでご利用ください。

東京メトロ銀座線末広町駅2番出口徒歩3秒

当店のご予約はこちらからご利用頂けます。

一BistroGinsai秋葉原店の予約はコチラ一
050-5269-9013
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。