南北アメリカの緑黄色野菜「カボチャ」

【BistroGinsai秋葉原店】
今回はBistroGinsai秋葉原よりご「カボチャ」についてご紹介いたします。

「カボチャ」とは、ウリ科カボチャ属に属する果菜の総称である。原産は南北アメリカ大陸だが、主要生産地は中国、インド、ウクライナ、アフリカである。果実を食用とし、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類を多く含む緑黄色野菜に分類される。
日本語における呼称は、この果菜が国外から渡来したことに関連するものが多い。

一般にはポルトガル語由来であるとされ、通説として「カンボジア」を意味する Camboja (カンボジャ)の転訛であるとされる。方言では「ぼうぶら」「ボーボラ」などの名を用いる地方もあり、これはやはりポルトガル語で、「カボチャ」や「ウリ類」を意味する abóbora (アボボラ)に由来するとされる。ほかに「唐茄子(とうなす)」「南京(なんきん)」などの名もある。 漢字表記「南瓜」は中国語: 南瓜 よるもの。

英名は「パンプキン」であると理解されている場合が少なくないが、実際には、少なくとも北米では、果皮がオレンジ色の種類のみが 「パンプキン」であり、その他のカボチャ類は全て「スクウォッシュ」と総称される。したがって日本のカボチャは「カボチャ・スクウォッシュ」などと呼ばれている。

Ginsai 秋葉原ではコースの前菜やランチセットの付け合わせに使用しております。

秋葉原でのパーティー、貸切、女子会、ランチ、ディナー等様々なシーンでご利用ください。
東京メトロ銀座線末広町駅2番出口徒歩3秒。
スタッフ一同皆様のご来店、心よりお待ちしております。
当店のご予約はこちらからご利用頂けます。
ーBistroGinsai秋葉原店の予約はコチラー
050-5269-9013
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。