大トロは嫌われ、猫またぎと呼ばれた? 「鮪」 【BistroGinsai秋葉原店】×(goto eat)

日本人が「マグロ」を食べ始めたのは、貝塚ができた時代=縄文時代のことでした。しかし、その大きさと傷みやすさから扱いきれず、下手物もしくは下層民の食べ物とされていた時代が長く続きます。
今でも「血生臭くてキライ」という人もいますしね。冷凍・冷蔵技術のなかった頃は余計気になったでしょう。「マグロ」が広まりにくかったのは、塩漬けに向かないためという理由もありました。他の多くの魚は塩漬けにして日持ちさせ、味を良くすることができます。しかし、「マグロ」は塩に漬けてしまうと味が悪くなってしまう。
もっともヨーロッパ地中海周辺の国では「マグロ」の塩漬けが生み出されており、やり方や気候次第なんでしょう。当時の日本人がこれを知ったら(ナ、ナンダッテー!!)とばかりに食らいついたかもしれません。
こうした様々な理由で
【獲れるのに人気がない食材】
だった「マグロ」の地位が上がったのは、江戸時代中期、こいくち醤油が広く出回るようになってからでした。それまで醤油といえばたまり醤油が主で、生産地が近畿地方だったため、出荷量が需要に追いついていなかったのですが、こいくち醤油が江戸周辺で生み出されたことによって解決されたのです。どこの誰が発見したのかは不明ですが、いつしか
「マグロを醤油に漬けてみろ!うまいぞ!!」
という噂が広まり、両者の消費量が一気に拡大。
こうして主に関東で「マグロ」への評価が変わり、その後、冷凍・冷蔵技術が進んだことで刺身としての需要も出始め、少しずつ人気食材としての地位を固めていきます。
「マグロ」には頭の働きを良くする(DHA)、成人病を予防する(EPA)、動脈硬化を防ぐ(タウリン)、貧血を予防する(鉄分)、良質のタンパク質、ビタミン、ミネラル等を豊富に含んだ健康食です。

BistroGinsai秋葉原では「goto eat秋葉原」に参加致しておりますので是非ご利用下さい。

秋葉原でのパーティー、貸切、女子会、ランチ、ディナー等。様々なシーンでご利用ください。

東京メトロ銀座線末広町駅2番出口徒歩3秒

当店のご予約はこちらからご利用頂けます。

一BistroGinsai秋葉原店の予約はコチラ一
050-5269-9013
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。