旬のズッキーニは生でもOK!新感覚料理!! 「ズッキーニ」 【BistroGinsai秋葉原店】×【Go To Eat】

他の特定の「カボチャ」および「カボチャ」と共に、「ズッキーニ」は種Cucurbita pepoに属しています。ダークグリーンまたはライトグリーンになります。関連するハイブリッドである「ゴールデンズッキーニ」は、濃い黄色またはオレンジ色です。
料理の文脈では、「ズッキーニ」は野菜として扱われます。それは通常調理されて、風味のある料理または付随物として提示されます。植物的には、ズッキーニは果物であり、「ペポ」と呼ばれる植物の一種で、「ズッキーニ」の花の卵巣が腫れています。
「ズッキーニ」は、アメリカ大陸、特にメソアメリカに起源を持っています。
しかし、緑色で円筒形の「カボチャ」の収穫された未熟で、通常「ズッキーニ」と呼ばれる品種は、南北アメリカから「キュウリ」が導入されてから3世紀もの間、北イタリアで栽培されていました。後半に発生したと思われる19世紀の名前の下に様々なの最初の記述が、「ズッキーニ」は、に掲載された作品で発生ミラノ 1901年、初期の品種は、通常、その名に近所の都市の名前を追加します。
ニューヨーク州で栽培されている野菜に関する1928年の報告では、「ズッキーニ」はC. pepoの 60の栽培品種の1つとして扱われています。
★「ズッキーニの旬」
3〜9月が旬ですが、施設栽培や露地栽培のため通年で流通しています。日本国内で生産が多いのは宮崎県と長野県で、この2県だけで全体の約60%を占めています。それに次ぐ3位は、千葉県です。
旬の初め(6月ごろ)の、皮がやわらかくみずみずしい「ズッキーニ」は、「生でも食べられる」ことをご存じですか?ピーラーやスライサーで薄切りにして、サラダにするのもおすすめ。細長くスライスしてくるくる巻くと、見た目もかわいらしいサラダになります。
BistroGinsai秋葉原では【Go To Eat 秋葉原】に参加致しておりますので是非ご利用下さい。

秋葉原でのパーティー、貸切、女子会、ランチ、ディナー等。様々なシーンでご利用ください。

東京メトロ銀座線末広町駅2番出口徒歩3秒

当店のご予約はこちらからご利用頂けます。

一BistroGinsai秋葉原店の予約はコチラ一
050-5269-9013
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。