消費量世界一「日本人はタコが好き!」 【BistroGinsai秋葉原店】

【BistroGinsai秋葉原店】

今回は「蛸」についてBistroGinsai秋葉原よりご紹介致します。

「日本人のタコ好きは特殊・・・」この見方には賛否両論あるようだ。海外では「悪魔の魚」と忌み嫌われる一方、日本には愛でる文化まであるのだから、その通り。いや、イタリアやスペインをはじめ、タコを食べる民族は少なくないからそうは言えない、といった具合に。 
ただ、言えることは、特殊かどうかはとにかく「日本人はタコが好き」ということ。タコ消費量は世界1位で、そのシェアは世界の約6割を占めるとされる。
では、どうして日本人は無類のタコ好きになったのだろうか。
かつては乾物や発酵食として食べていた日本人とタコの縁は2000年ほど前までさかのぼる。
鹿児島県指宿市、兵庫県明石市、大阪府堺市などの弥生時代の遺跡から、タコを捕まえるための「蛸壺」と思しき器がまとまって出土されているのだ。 
不思議なことに、それ以前の縄文遺跡からは蛸壺はまったく出土されていない。これには、弥生時代になって蛸壺を使った漁法をする人たちが各地に移り住んだからとの説がある。だが、そもそもいつどこで誰が蛸壺を作り始めたのか、謎は多い。 
古文書に「タコ」が登場するのは、713(和銅6)年の『出雲国風土記』において。出雲郡の杵築御埼(きづきのみさき)にいたタコを天羽々鷲(あめのははわし)がさらい、たどりついた島が「タコ島」と呼ばれるようになったという話だ。
さらに1295(永仁3)年ごろ刊行された、日本最古の料理書『厨事類記』に「焼蛸」が登場する。これによると、これはタコを石焼にしてから干したもの。これを削って食べたという。
乾燥や発酵などの食べ方からすると、タコは保存食として重宝されてきたのかもしれない。

BistroGinsai秋葉原では夏限定ディナーメニューで「タコとピリ辛ソーセージのアヒージョ」を提供させて頂いております。

秋葉原でのパーティー、貸切、女子会、ランチ、ディナー等。様々なシーンでご利用ください。

東京メトロ銀座線末広町駅2番出口徒歩3秒

当店のご予約はこちらからご利用頂けます。

一BistroGinsai秋葉原店の予約はコチラ一
050-5269-9013
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。