若返りの秘薬「ホルモン」【BistroGinsai秋葉原店】

今回は「ホルモン(内蔵肉)」について
BistroGinsai秋葉原よりご紹介いたします。

「ホルモン」とは内蔵肉(もつ)。狭い意味では小腸、大腸を、広い意味では正肉以外のかつて廃棄していた部位を含む臓物肉全般が含まれ、皮、胃、肝臓、心臓、腎臓、子宮、肺、腸などを用いる。
「肉の文化史」によれば、1920年代に勢力を増強する料理のことをホルモン料理と言うことが流行したという。
「ホルモン」の名前の由来は、内蔵は食用の筋肉をとったあとの捨てる部分なので大阪弁で「捨てるもの」を意味する「放(ほう)るもん」から採られたという俗説もある。

昭和初期には「生命の基となる物質」にして「若返りの秘薬」として珍重され、昭和11年には東京・赤十字博物館で「ホルモン・ビタミン展覧会」なるものが開かれホルモン料理の実演も行われた。

BistroGinsaI秋葉原では
「カジョス~マドリッド風ハチノスの煮込み」をご用意しております。

秋葉原でのパーティー、貸切、女子会、ランチ、ディナー等。様々なシーンでご利用ください。

東京メトロ銀座線末広町駅2番出口徒歩3秒

当店のご予約はこちらからご利用頂けます。

一BistroGinsai秋葉原店の予約はコチラ一
050-5269-9013
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。