2つの野菜の特徴を併せ持つ野菜/ コールラビ 【BistroGinsai×秋葉原店】

こんにちは。Ginsai秋葉原店です。

本日はコールラビです。
コールラビは、地中海原産のアブラナ科の多年草です。
カブのような形ですがキャベツの一変種で、日本に伝わったのは明治初期といわれています。
ドイツ語でコールはキャベツ、ラビはカブという意味で、それが名の由来となっています。

味はクセがないので生でもおいしく食べられ、加熱するとほのかな甘みがでます。
栽培が比較的簡単なことから最近は家庭菜園などでも人気があります。別名を蕪甘藍(かぶかんらん)といいます。
コールラビに含まれるビタミン・ミネラル類の総合値は野菜類の平均以下ですが、ビタミンCはかなり豊富に含まれています。
これは淡色野菜類の中ではトップクラスの含有量(100gあたり45mg)でキャベツをも上回ります。

ビタミンCには抗酸化作用、免疫活性作用、ストレスに対抗するホルモンの生成を助ける作用があります。
また、ビタミンCはコラーゲンの合成を促すので美肌効果も期待できます。
更に胃腸薬にも配合されているビタミンU(S-メチルメチオニン/キャベジン)が含まれているので、胃腸障害の改善にも役立ちます。

コールラビにはアブラナ科に共通の成分である、グルコシノレートが含まれ、噛んだりすることで野菜の細胞内に含まれる分解酵素と混じりあい、抗がん作用のあるイソチオシアネートという物質に変化することから、がん予防効果も見込めます。
コールラビは日本での流通量が少ないため、入手するなら産地の直売所などに行くか、家庭菜園で育てるかなどが必要ですが、カブと同じように食べられるので、サラダ・炒め物・煮込み・漬物など、好みの料理にして食してみてください。

秋葉原でのパーティー、貸切、女子会、ランチ、ディナー等。様々なシーンでご利用ください。

東京メトロ銀座線末広町駅2番出口徒歩3秒

当店のご予約はこちらからご利用頂けます。
一BistroGinsai秋葉原店の予約はコチラ一
050-5269-9013
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。