3月7日はメンチカツの日「メンチカツ」 【BistroGinsai秋葉原店】

今回は「メンチカツ」についてBistroGinsai秋葉原よりご紹介致します。

メンチカツの起源は明治30年頃に東京都浅草にある洋食店「煉瓦亭(れんがてい)」
の「ミンスミートカツレツ」という説が一般的です。また、昭和初期に兵庫県神戸市の(純神戸肉三ツ輪屋精肉店)の「メンチボール」を参考に考案したという説もあります。
「メンチボール」とは、挽き肉に調味料とパン粉や卵などのつなぎを入れて混ぜ、丸く形成し加熱する肉団子のことで「ミートボール」とも言います。
メンチカツの「メンチ」は「ミンチ」ともいい、「mince(細かく刻む)」という英語が語源となっているという説が有力ですが、起源が関東(浅草の煉瓦亭)と関西の(神戸純神戸肉三ツ輪屋精肉店)で異なるように、語源も関東と関西で異なると言われています。関東では、煉瓦亭の「ミンスミートカツレツ」(ミンス(細かく刻む)ミート(肉)カツレツ(油で揚げる)が転じて「メンチカツ」になったと言われています。
関西では、ミンチ(挽き肉)で作るカツレツなので、「ミンチカツ」と名付けられ、それが訛って「メンチカツ」となったと言われており、現在も「ミンチカツ」と呼ぶ人が多いそうです。
★3月7日は「メンチカツの日」
「メンチカツ」の日は香川県にあるメンチカツやコロッケ、かき揚げなどの冷凍食品の製造販売を手掛ける会社「株式会社味のちぬや」が平成21年(2009)に制定しました。関西では「ミンチカツ」と呼ぶ人も多いことから「3(ミ)」「7(しち)=(ンチ)」という語呂合わせからきており、「メンチカツ」の販売促進を図ることを目的とし、受験シーズンでもある3月7日に「メンチカツ」を食べて受験に勝って欲しいという応援の意味が込められています。
「メンチカツ」の起源や由来は、関東と関西で異なるのですね。

Ginsai秋葉原ではランチ限定メニューで「チーズメンチカツ」など提供させて頂いたりしております。

秋葉原でのパーティー、貸切、女子会、ランチ、ディナー等。様々なシーンでご利用ください。

東京メトロ銀座線末広町駅2番出口徒歩3秒

当店のご予約はこちらからご利用頂けます。

一BistroGinsai秋葉原店の予約はコチラ一
050-5269-9013
※入荷状況により、ご紹介した料理やコースをご用意できない場合がございます。